解約料は8000円以上?ソフトバンク光を契約する前に知っておきたいこと

お金1

転勤や引っ越しなどを機会に、ソフトバンク光に変えることを検討していませんか?ソフトバンク光はNTT光コラボの代表的存在で、利用者が多い事でも知られています。とはいえソフトバンク光にはデメリットもあり、後で解約するとなると解約料がかかってしまうので注意が必要です。

そこで今回の記事では契約を検討する際の参考になるよう、ソフトバンク光のメリットとデメリット、解約料などについてご紹介します。

『ソフトバンク光とヤフーbbの解約方法は?』

ソフトバンク光の料金設定

お金4

光回線の乗り換えで一番気になるのは、月額利用料ではないでしょうか。毎月かかるものなので、少しでも安く済ませたいですよね。ソフトバンク光の月額利用料は、住まいのタイプで違います。マンション(集合住宅)の場合はとても分かりやすく、どの回線タイプでも月額3800円です。

なおマンションでは、2年自動更新プランしか選べません。ホーム(個別住宅)の場合は、利用する回線タイプにより料金が違います。「ファミリー・ギガスピード」「ファミリー・ハイスピード」「ファミリー」の3タイプなら、5年自動更新プランが4700円で2年自動更新プランが5200円です。

1戸建てで利用するなら、5年自動更新の方がお得だというわけですね。「ファミリー・10ギガ」タイプは少し高く、5年自動更新プランが5800円で2年自動更新プランが6300円となっています。「ファミリー・ライト」は一部従量制で、2年自動更新プランしかなく月額料金は3900円~5600円です。

ソフトバンク光のメリットとデメリット

パソコン2

ソフトバンク光を利用するメリットは幾つかありますが、最大のものは「おうち割」です。おうち割とは、ソフトバンクのスマホやケータイを家族が使っている場合、その家族のソフトバンクスマホやワイモバイルの利用料金が割引される、というサービス。

スマホなら毎月1000円、ケータイなら毎月500円が割引されます。ソフトバンクスマホを利用する家族が多いほど、お得になるのがこのサービスです。ただしこのおうち割、適用されるためには「光BBユニット」と「Wi-Fiマルチパック」そして「ホワイト光電話」の3点に加入する必要があります。

とはいえ3点でも月額500円くらいなので、お得なことには変わりありません。次のメリットは、開通工事費が実質無料だということ。標準的な工事費は最大で24000円ですが、最大で同額の24000円のキャッシュバックか、月額利用料を1000円、24ヶ月に渡って割引するかのいずれかを選べるので、工事費は実質無料となります。

これは新規での契約はもちろん、他社からの乗り換えも対象です。しかも乗り換えの場合は、他社に発生した違約金や解約金を、最大10万円まで負担してくれます。解約金が発生するから乗り換えには躊躇する、といった人にはとても有難いサービスですよね。

もう1つのメリットは、フレッツ光か他の光コラボからの乗り換えの場合は、工事が不要だということ。フレッツ光や光コラボは同じ回線を使用します。そのためこれらから乗り換えるのなら、回線工事は必要ありません。すぐにインターネットが使えるのはとても助かります。

このようにソフトバンク光は、乗り換えする際の負担が少ない光回線です。ただし、次のようなデメリットもあることは覚えておきましょう。ソフトバンク光のデメリットとしては、解約時に解約金が発生するという点が挙げられます。

これは他の光回線でも同じことが多く、ソフトバンク光だけのデメリットではありません。とはいえ解約金が発生するのは間違いないので、契約するのならよく検討するのが大事です。もうひとつのデメリットは、ソフトバンク光の回線が引けない場合がある、ということ。

たとえサービスエリアに含まれていたとしても、立地条件や建物によっては引くことができません。そのため契約する前に、実際に引けるのかどうか確認をしておく必要があります。

ソフトバンク光が向いているのはどんな人?

ソフトバンク光のメリットやデメリットを考慮すると、ソフトバンク光が向いている人の傾向が浮かび上がってきます。特にソフトバンク光をおすすめしたいのが、ソフトバンクスマホやケータイを利用している家族の多い人。

同居人だけではなく、別の場所で暮らしている家族も「おうち割」の対象です。人数によってはトータルで、4000円以上の割引になることもあります。複数の家族がソフトバンクのスマホやケータイを利用しているのなら、ソフトバンク光にするのがよいでしょう。

また戸建てで長期間、同じ光回線を利用する予定のある人にもソフトバンク光がおすすめです。というのは、ソフトバンク光には5年自動更新プランがあるから。2年更新と比較すると毎月の利用料金が、このプランでは500円安くなります。

1年で6000円節約できるのは嬉しいことですよね。ソフトバンクのスマホを利用する家族が多い人や、戸建てで長期間利用する予定がある人は、ソフトバンク光が向いているので契約を前向きに検討してみましょう。

解約料はどうなっている?

さて気になる解約料ですが、まず解約システムから見ていきましょう。ソフトバンク光には、いわゆる「縛り」というものが存在します。2年自動更新プランなら2年、5年自動更新プランなら5年ごとに契約が自動延長されます。

そしてその更新月以外の月に解約すると、解約料が発生するのがソフトバンク光のシステムです。更新月は2年自動更新なら24ヶ月め、5年自動更新なら60ヶ月めとなっています。また、新規契約から24ヶ月以内に解約すると、工事費の残額を請求される場合も。

解約するのなら、更新月に忘れずに行うのが賢明です。解約料は、自動更新の年数によって違います。2年自動更新なら9500円ですし、5年自動更新なら15000円です。15000円は、結構痛い出費になるのではないでしょうか。

実はソフトバンク光には、自動更新ではないプランもあるので、解約金を払うのを避けたい場合にはそちらを選ぶのもよいでしょう。自動更新なしプランの月額利用料は「ファミリーライト」が5500円~7200円で「ファミリー・10ギガ」が7400円。

それ以外では6300円となっています。割高にはなりますが、期間内に引っ越しの予定があるのなら検討の余地があります。

『ソフトバンク光の工事費は分割払いできる?』

代理店を選ぶ際には気をつけよう

ネットや雑誌、CMなどで光通信の契約による、キャッシュバックの情報を見たことはありませんか?代理店を通じて光回線を申し込むと、20000円から場合によっては80000円以上のキャッシュバックを受けられることがあります。

これはソフトバンク光でも同様で、ソフトバンク光を公式に申し込むよりも、代理店を通した方がお得です。ここで大事なのが、代理店の選び方。中には悪徳なところもあるので、代理店選びは慎重に行いましょう。特に高額過ぎるキャッシュバックを売りにしているところは注意が必要です。

キャッシュバックを手に入れるための条件が厳しかったり、不要なオプションを勝手につけられたりすることがあります。キャッシュバックの金額に惑わされずに、SNSやネット上での評判の良いところを選ぶようにしましょう。

余計なオプションは見逃しやすいポイントです。そのまま放置しておくと、月額料金が8000円を超えることも。不要なオプションを見つけたらすぐにソフトバンク光に連絡し、解除してもらうのが大事です。

ソフトバンク光はよく考えてから契約しよう

ネットを利用する機会が増えている現在、通信業者選びはとても大切です。というのは、自分の使い方に合った業者を選択しないと、毎月無駄なお金がかかってしまうことがあるからです。ソフトバンク光の契約に関しても同じこと。

ソフトバンク光のメリットとデメリットを知り、自分に合った光回線なのかよく考えてから契約をするようにしましょう。

『ソフトバンク光の請求書を見て驚き!月料金のお得な割引方法』